Amebaマンガ
 
 
淫靡なる午後の読書会
淫靡なる午後の読書会

淫靡なる午後の読書会

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

図書館で私は官能小説を読みながら、窓際の席に座るあなたを相手役に想像して、こっそりと自慰に耽る。でもある日、はしたない私をあなたに知られてしまった。それからは痴女と罵られ、図書館で官能小説と同じことをするようになって―――

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう