Amebaマンガ
 
 
触手こたつとプラトニックボーイ 1巻
触手こたつとプラトニックボーイ 1巻

触手こたつとプラトニックボーイ 1巻

 
 
 
 

作品紹介

「ああ!! “触手”が俺の歪んだ性欲に火をつける!」 お互い好きあって同棲もしているのにセックスができない達己と康市。 その原因は達己の“絶倫”にあった! “絶倫”ゆえに過去の恋人にもフラれ続けたトラウマを持ち続ける達己。 ゆえに康市を愛すれば愛するほど、セックスができなくなってしまうという悪循環…。 達己の中に日々募っていく康市への恋心と抑圧される性欲。 そんな悶々とした日々をおくる達己の身にとんでもない事が! 康市から誕生日プレゼントに買ってもらったこたつに入っていると、突然“触手”が! 「なんだこれ! …でもヌルヌルしていて気持ちいい、でも康位に気づかれたら…」そんな罪悪感に反して、触手は達己の体をまさぐり、ち●ぽだけではなく後ろの孔まで挿ってくる。そして達己はあっという間に触手にイカされてしまう。 触手により極限まで抑えられていた達己の性欲は露わになり、日々触手に侵される達己。 抑えられない性欲と隠しきれない快感。 しかしそれを、知ってしまった康市は…

     

    みんなの感想

    もっと見る

    タップして評価しよう