Amebaマンガ
 
 
複雑で単純で幸福な時間を
複雑で単純で幸福な時間を

複雑で単純で幸福な時間を

 
 
 
 

作品紹介

「宮原 俺 お前が好きなんだ」 高校の卒業式の日、小林は友人の宮原に告白した。 そして、それきりになった。 あれから数年後、エリート官僚だったはずの宮原が、 数学の教師として小林と同じ高校で働くことになり!? 大人の甘苦い再会ラブストーリー。 ※このお話は『CRAFT vol.57、58』に掲載された作品です。

     

    みんなの感想

    もっと見る

    4.7
    レビュー数6
    タップして評価しよう