Amebaマンガ
 
 
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 62
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 62

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 62

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

今回の依頼は昭和の古い一軒家、全室分の遺品廃棄。 見積もり依頼で訪れたその家のリビングで目にしたのは、既に生産が終了された4リットルボトルのウイスキー。 それは日本酒党だった依頼人の亡くなった父親が、40年以上前に突然買ってきたものだという。 なぜ封を開けられることなく飾られたままなのか?遺品に込められ想いとは?そしてウイスキー廃棄されるのか…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう