Amebaマンガ
 
 
甘やかな雫
甘やかな雫

甘やかな雫

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「お前は俺のオモチャだろう?」遺跡調査の研究費用を支援する代わりにルーファス王子に買われた美紀。閉ざされた後宮の中でただルーファスの望むままに抱かれている。焦らすような愛撫も、ナカを穿つ熱も、俺のものだと主張するように美紀へと刻まれていく。愛されていると錯覚するようなセックスに溺れながら、美紀の心はルーファスへと惹かれていって…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう