Amebaマンガ
 
 
私はその瞳にオカサレル(2)
私はその瞳にオカサレル(2)

私はその瞳にオカサレル(2)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「煽ったお前が悪い」深夜二人きりのオフィスで、ドSに豹変する同僚。イジワルな目で見つめられると、ゾクゾクと感じてしまい…!?営業部に所属するものの、成績の伸びないつぐみ。対照的に超優秀な鈴木くんに、ある晩ついイヤミを言ってしまう…。「コツは目で伝えることだよ」と間近で目を覗き込んでくる鈴木くん。恥ずかしすぎてやめるようにお願いするけど、ドSスイッチの入った鈴木くんは、私を黙らせるように唇を重ねてきて…!?パンツがぐしょぐしょになるほど指でかき回されて…こんなに感じてる顔、見ないで…!

 

みんなの感想

タップして評価しよう