Amebaマンガ
 
 
センパイ限定のケダモノですから 〜観賞用イケメンのほとばしる愛情〜 2
センパイ限定のケダモノですから 〜観賞用イケメンのほとばしる愛情〜 2

センパイ限定のケダモノですから 〜観賞用イケメンのほとばしる愛情〜 2

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「先輩のせいっスよ。あんな可愛い顔するから」 な、何!?ワンコ系の後輩がまさかの肉食ケダモノ化で、唇も胸も好きなだけ弄られてく—…!イケメン好きが高じて、乙女向けゲームプランナーとして働く芹香(せりか)は、仕事熱心なあまり、つい自分のことをおろそかにしがち。そんな芹香を心配してくる後輩の足立(あだち)は、芹香の“理想の顔の持ち主”…だけど、芹香にとっては、恋愛対象にはならず“萌え”でしかなかった。ある日、芹香が倒れたのをきっかけに、期間限定で足立は芹香の家政夫になることに。もちろん芹香からも足立にお返しをする交換条件だったけれど!?待てを知らない野獣と化した足立の舌先が、耳から首筋を這う感触に、どうしよう…ッ体中できゅんきゅんしちゃってる——!?

     

    みんなの感想

    3.0
    レビュー数1
    タップして評価しよう