Amebaマンガ
 
 
神様はたぶん左利き
神様はたぶん左利き

神様はたぶん左利き

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

褒めてくれ たくさん それで 僕を好きだと言ってくれ 父親が背負った借金を返済する為、祖父が経営する印刷所で偽札を製造することになった夜野。ヤクザに言われるがままに偽札を作り続ける中で、夜野は印刷工として「ならばせめて、出来の良い偽札を作ってやる」と自分を鼓舞する日々だった。そんなある日、ヤクザの紹介で“人間コピー機”の真倉が印刷所へやってくる。まるで感情のないロボットのような真倉の態度に夜野は突っかかるが、ある出来事をきっかけに、二人の距離は急激に縮まっていき……。偽札で繋がれた二人が、寄り添いあい、想いあう。珠玉のセンチメンタル・ボーイズラブ。

 

みんなの感想

タップして評価しよう