Amebaマンガ
 
 
心乱す愛撫は、失恋のあとで。(7)
心乱す愛撫は、失恋のあとで。(7)

心乱す愛撫は、失恋のあとで。(7)

 
 
 
 

作品紹介

「感情は理屈に満足するとでも?」加賀谷の過去…有馬と二人で住んでいた事実。付き合ってはいないと言われても、感情の整理ができなくて。彼女である自分を理解してくれない加賀谷に自然と涙があふれてしまう。すれ違いよりもかみ合わなさにショックを受けたさおりは加賀谷の前から立ち去って…でも思い出すのは加賀谷の肌。「他人の肌ってこんなに違和感覚えるものだったっけ…」

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう