Amebaマンガ
 
 
坊主とイキたいオーガズム道。(1)
坊主とイキたいオーガズム道。(1)

坊主とイキたいオーガズム道。(1)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「ガマン汁こんなに垂らして…イヤラシイな」―生意気で威勢がいいものの実はビビリなヤクザの魁(かい)。オヤジの命令で渋々と凄腕彫り師のもとへ向かうと、出迎えてくれたのはスキンヘッドの長身イケメン。威圧感ハンパねぇ。ビクビクしつつ言われるままに裸で横になると、やたらと尻ばかり揉まれてる…?気のせいかと思っていたら、何故かアソコをシゴかれて…。これは絶対気のせいじゃない…ドコ触ってんだゴラァ~!と抵抗するも、馬鹿力でねじ伏せられ「俺はコッチの掘り師だから」ってアレをぶち込まれた―!?俺はゲイじゃねぇのに、ありえねーのに…突かれる度にどんどんキモチ良くなってきて…ヤバイッ!!

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう