Amebaマンガ
 
 
ノラネコ少女との暮らしかた(11)
ノラネコ少女との暮らしかた(11)

ノラネコ少女との暮らしかた(11)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

春を迎えてふたりの生活はとても安定しだした。一方で、敦尭の仕事は忙しくなってしまい、なかなかふたりで過ごす時間が少なくて…。ある日、疲れて帰宅した敦尭は布団で大の字になって眠る美鶴を見て…。

     

    みんなの感想

    タップして評価しよう