Amebaマンガ
 
 
Bar白色天 女と男 欲望の百物語 12
Bar白色天 女と男 欲望の百物語 12

Bar白色天 女と男 欲望の百物語 12

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

現実の男になんて興味ない。だって私にはカレとの秘密の時間があるから。そう、たとえ葉巻がもたらした“妄想カレシ”だとしても―。“妄想カレシ”にすがる女、自分だけの女神を見つけたと喜ぶ男、芸能人とそっくりな顔になりたいと願う女…。ここは人の欲が渦巻く場所、Bar白色天。それぞれの欲の先にあったものは…!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう