Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
はじめてのケダモノ 9
はじめてのケダモノ 9

はじめてのケダモノ 9

試し読み
 

俺の心の奥には、ずっとおまえがいた――― たった一度だけ、吟(ぎん)と結ばれた夜。その最高の思い出を胸に、苦しいほどの吟への想いを封印した花(はな)は、無実の罪で拘留された祖父を助けようと尽力してくれる要(かなめ)のプロポーズを受けようと決意する。けれど、要の父親であり、天堂組と対立する朱雀会会長は、「二人が結婚しようが、天堂組と相容れることはない」と、手を結ぶことを拒絶して…!?

 
 

みんなの感想

4.8
レビュー数59
タップして評価しよう