Amebaマンガ
 
 
午後7時、執事がケモノに変わるとき。(6)
午後7時、執事がケモノに変わるとき。(6)

午後7時、執事がケモノに変わるとき。(6)

 
 
 
 

作品紹介

「キスひとつで抵抗できないだろう。そういうふうに俺が仕込んだんだからな」降りしきる雨の中、介抱してくれたのは篤人だった――。抱きしめ、キスをして、優しく微笑みかけるその瞳に映る姿。彼にとっての「愛莉」とは――…!?淫靡な身代わり花嫁修業、決断の時。

 

みんなの感想

タップして評価しよう