Amebaマンガ
 
 
君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~8
君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~8

君を抱くのは仕事だから~雇い主は変態小説家~8

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「せんせぇ…やっ…もうむりぃ…っ変になる…」「とろけた顔して…でも仕事はちゃんとやってもらわなきゃ困る。お仕置きだ――」先生に奥を突き上げられて、お腹がずっときゅんきゅんしてる…でもこれ以上深く入れられたら…――ウェイトレス・鈴(すず)は、文学小説家「佐々木京介」に憧れ続け、編集者を目指していたが、挫折しっぱなし。そんなある日、「佐々木京介」がアシスタントを公募していて、運良く面接までこぎつけることになった。しかしそこには思わぬ落とし穴があり、“研修”と称し、鈴は体中を愛撫されてしまって…!?

 

みんなの感想

5.0
レビュー数11
タップして評価しよう