Amebaマンガ
 
 
サキュバスじゃないモン! 第3話 微熱と単眼娘【単話】
サキュバスじゃないモン! 第3話 微熱と単眼娘【単話】

サキュバスじゃないモン! 第3話 微熱と単眼娘【単話】

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

モン娘ばかりのクラスに入学した気弱少女さくらの嘘から始まる異種族コミュニケーションとちょっぴりHなスキンシップがいっぱいのドキドキ学園生活!なりゆきで嘘をつき人間であることを言い出せないまま登校を続けるさくら。新クラス内での委員決めとなり、元より病弱で保健室へ行くことが多いため保健委員になろうとするが、普段はさくら以上に大人しい単眼娘(モノアイ)の愛衣に先を越されてしまう。それでも熱っぽさが治まらずに保健室へ向かうと、さくらがサキュバスであるとクラスメイトに告白するのを聞いていた養護教諭のナオミ先生から真相を問い詰められる。妖艶なナオミの催淫術に翻弄され、さらに単眼娘の愛衣がさくらの様子を見に保健室へ現れて術に巻き込まれてしまい……。物語もガールズラブも加速する第3話!

 

みんなの感想

タップして評価しよう