Amebaマンガ
 
 
きこえた恋の秒針音(5)
きこえた恋の秒針音(5)

きこえた恋の秒針音(5)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「重いんだよ セフレとして見てたのに」――優大は7年前に付き合っていた千秋にひどい言葉を浴びせ最悪な別れ方をした。自分から切り出したはずなのに、忘れたくても忘れられず、壊れた千秋の時計を今でも捨てずに持っている優大。そんなある日、偶然にも二人は再会し…。切ない男心と共に、止まっていた刻が動き出す。

     

    みんなの感想

    4.9
    レビュー数12
    タップして評価しよう