Amebaマンガ
 
 
午後7時、執事がケモノに変わるとき。(3)
午後7時、執事がケモノに変わるとき。(3)

午後7時、執事がケモノに変わるとき。(3)

 
 
 
 

作品紹介

「そういう格好は、ベッドの上だけにしてくれないかな」普通のOL、天音は借金返済のために自分とそっくりな「愛莉」の代わりとなり、花嫁候補としての生活を余儀なくされていた。「こちらの飲み込みは早くて優秀ですね」花嫁として選ばれるため、開発されていくカラダに戸惑いながら、同じ候補の一人、千緒里と交流を深める天音だが、執事の押尾は良く思っていなくて―…。淫靡な身代わり花嫁修業の行方は―…!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう