Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
君の素肌に溺れたい
君の素肌に溺れたい

君の素肌に溺れたい

試し読み
 

「奥まで…もっと突いて!」夢にまで見た、神田とのSEX。逞しい腰に乗り、甘く激しく揺さぶられ…。でも、まさか酔った勢いでヤッちまうなんて! 淫乱だと思われて、ヤリ友にされ、毎晩抱かれる日々が始まった。だけど、会社では無視され、ベッドでも男娼扱い。挿れられるたびに、オレのケツも腰も、ココロも痛くて…。美形リーマンの濡れる社内恋愛☆

 
 

みんなのレビュー

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう