Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
ためらいの花嫁
ためらいの花嫁

ためらいの花嫁

試し読み
 

アリアドネは悲嘆に暮れていた。 両親の死後、幼い私をひき取って今まで育ててくれた叔父夫妻。 ふたりの愛情を疑ったことなどなかった。 それなのに、叔父の薦めで旅行に出かける直前、 見知らぬギリシア人富豪と結婚する運命だと知らされたのだ。叔父の残酷な仕打ち以上に、未来の花婿との対面の瞬間に彼女は怯えた。 滞在先のホテルに彼女を迎えに来たセバスチャンは、 思いもよらず、若く精悍で端整な顔立ちの男性だった。 だが、その黒い瞳は氷のように冷たくて…?

 

みんなの感想

タップして評価しよう