Amebaマンガ
 
 
ひとたび触れあえば
ひとたび触れあえば

ひとたび触れあえば

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

ケイトリンは約束の時間よりも早く現れた恋人ラザロを見て、全身が燃えるように熱くなった。これだわ。私が待ちわびていた感覚は。ラザロと出会ったのは6週間前。手が触れた瞬間に電流が走って、ケイトリンは運命を感じた。でもつきあってからはあの衝撃が一度も起きなくて、不安に思っていたのよ。ラザロの情熱的なキスに身を預けたケイトリンは、少しも気づかなかった。目の前にいる男性がラザロの双子の兄マルコで、彼こそが自分の運命の恋人だということに…!

 

みんなの感想

タップして評価しよう