Amebaマンガ
 
 
欺かれた夜
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

住む家を失ったソフィーは幼い息子トリーを乳母車に乗せ、雨のなかを歩いていた。途方に暮れていると足を滑らせて排水溝に落ち、車に轢かれそうになる。みじめな気持ちで顔を上げると、車を降りてきた人物と目が合った。 エットーレ! かつて深く愛しあい、そして私に宝石泥棒の濡れ衣を着せた男! 「こんなみじめな姿で排水溝にいるとは、お似合いだな」。残酷な再会に動揺しながら、ソフィーは必死だった。私のトリーがこの冷酷な男の息子だと知られるわけにはいかない…。

 

みんなの感想

1.0
レビュー数1
タップして評価しよう