Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
宗像教授伝奇考 (3)
宗像教授伝奇考 (3)

宗像教授伝奇考 (3)

試し読み
 

神功皇后の時代、瀬戸内海を渡っていた皇后が乗る船に突然、海から巨大な牛が襲いかかるが、住吉明神が老翁の姿になって現れ、牛の角をつかみ投げ飛ばした。その地は“牛転び”と名付けられ、後に訛って“牛窓”になったという。そんな伝説が再来したかのように、広島県・榎隅村にやって来た宗像教授たちが乗るバスの前に牛が迫り、そして森の中に入った教授たちを再び牛たちが襲い…!?

     

    みんなの感想

    タップして評価しよう