Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
ノンケのはずの親友が、オレの尻をエロい目で見てくるんですけど!?(1)
ノンケのはずの親友が、オレの尻をエロい目で見てくるんですけど!?(1)

ノンケのはずの親友が、オレの尻をエロい目で見てくるんですけど!?(1)

試し読み
 

「毎日トロトロになるまでお尻イジってやるよ…」ひょんなことから学園のヤツらにお尻を狙われることになったオレ。今日もまたクラスメイト達に追いかけられ、あわや捕まる…!という瞬間、幼なじみのマモルが颯爽と現れて助けてくれた!でもなんでだ…こいつ最近冷たかったのに…。そんなオレの気持ちも構わず、今度はマモルがオレのお尻をまさぐってきて!?「お前のココ、キレイなピンク色だな」って、ちょっと待てって…あっ…指がどんどん奥まで入ってく…っ!必死で声をこらえるオレの様子を見ていたマモルが、我慢しきれない様子で今度は立派なアレを―!ちょっと!お前、ノンケのはずだろ―!?

 
 

みんなの感想

4.0
レビュー数1
タップして評価しよう