Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
ノンケリーマン、ビッチな警備員と深夜残業。(1)
ノンケリーマン、ビッチな警備員と深夜残業。(1)

ノンケリーマン、ビッチな警備員と深夜残業。(1)

試し読み
 

「広瀬さんの白いの、もっといっぱいかけて…」毎日毎日、深夜残業に追われる社畜リーマンの広瀬。ちょっとだけ休憩…と思い仮眠を取っていると「あのー、お疲れですか?」と、警備員の高島に起こされてしまう。クソ、気持ちよく寝ようとしてたのに、なんて思っていたら、突然「溜まってる?いっぱい気持ちよくシてあげるね」ってアソコをペロペロしだして…!?待て待て急になんだ、とやめさせようとするも、ヤバイ…コイツの口の中、あったかくてめっちゃ気持ちいい…ッ!しかもいつの間にかお尻もイジられてるーー!?ちょっと警備員さん!!アンタ、ビッチすぎなんじゃないですかー!?

 
 

みんなの感想

タップして評価しよう