Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
遍在狐の排卵
遍在狐の排卵

遍在狐の排卵

試し読み
 

「あらあら、こんなに硬くなさって…私を味わってくださいね」——誰とも会いたくない…そんな時は山道をふらつくのが俺の習慣になっていた。その日も現実逃避していた俺は、山奥で狐の化身と名乗る2人の少女に出会う。しかも、彼女たちは「祖先の御礼をしたい」と俺を誘惑してきた! まさに狐につままれた気分になった俺だが、美しい彼女たちの体に欲情してしまい、その小さなワレメに硬くなったモノを深く挿入して…。

     

    みんなの感想

    タップして評価しよう