Amebaマンガ
 
 
えっちな声、もっと聞かせて? ~ケダモノ後輩とひとつ檻の中~
えっちな声、もっと聞かせて? ~ケダモノ後輩とひとつ檻の中~

えっちな声、もっと聞かせて? ~ケダモノ後輩とひとつ檻の中~

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「からかってないですよ。ただ――マジに欲情してきちゃっただけです」高谷くんは期待の新人。仕事はすっごくできるけど、それ以外がダラシなすぎる! 彼から目が離せなくて振り回されてばかりの私。そんな時、彼とエレベーターに閉じ込められてしまって!? こ、こら、くっつくな……ちょっと、どこ触ってるの!? 離しなさいってば! 「ヤです。あやねさんの実はカワイイとこ、全部俺だけのものにしたい。」……バカ。普段ヘラヘラしてるくせに、いきなりそんな顔するなんて反則でしょ……!

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう