Amebaマンガ
 
 
ロボット捕物帖 (2)
ロボット捕物帖 (2)

ロボット捕物帖 (2)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

徳川幕府の名門、前谷藩は酒池肉林に溺れる殿様のせいで赤字の連続。城は借金のかたに抵当にとられ、弓矢、鉄砲などの武器は差押え。もはや夜逃げをするしかないと嘆く家老の大久保三太夫。そこで考えたのが大量の人員整理。家臣たちは労働組合をつくり、抗議をするが…。ロボットを主人公に描いた捕物ドタバタギャグ!!※この電子書籍は発行当時の単行本を底本としております。読みにくい箇所が含まれている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

 

みんなの感想

タップして評価しよう