Amebaマンガ
 
 
眠れる城
眠れる城

眠れる城

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

毎夜、響く夫のイビキ。姑の足音、ドアを開ける音…。「眠らなきゃ」と思えば思うほど、日に日に心が壊れていく。理解されない辛さに苛立ちがつのり――――。うるさい…うるさい…眠れない…。お願い…私を眠らせて!!

 

みんなの感想

タップして評価しよう