Amebaマンガ
 
 
そば屋幻庵 14
そば屋幻庵 14

そば屋幻庵 14

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

誰もが憧れ、真似したくなる!! 隠居親爺の第二の人生! 時は寛政年間、場所はお江戸の新橋あたり、柳の下でほのかに灯る、担ぎ屋台の街行灯。 夢まぼろしの如き神出鬼没の蕎麦屋台、人呼んでその名も[幻庵]———。 勘定方の重職をあっさり捨てて、早々に隠居した元旗本・牧野玄太郎。 第二の人生と思い定め、心魂こめて“蕎麦作り”に打ち込む屋台には、今日も千客万来!! 時にスランプに陥った力士を励まし、時に友人のための危機に駆けつけ、時にホームシックにかかった蘭学医のためにフランス料理に挑戦し……、この単行本でしか読めない心躍る6編収録!

 

みんなの感想

タップして評価しよう