Amebaマンガ
 
 
感覚・ソーダファウンテン プチキス(8)
感覚・ソーダファウンテン プチキス(8)

感覚・ソーダファウンテン プチキス(8)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「昔からそれが私には見えたので」空気が読める(見える)中野さん。空気を読みすぎて、周りに気を遣いすぎていつもがんじがらめ。彼女とは対照的に自由な同僚の男性から嫌われているのでは、と気になっているが…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう