Amebaマンガ
 
 
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 43
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 43

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版] 43

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第43話。梅雨のジメジメした天気の中、マンションの屋外での特掃の依頼が入る。大月がひとりで向かうと、マンションの管理人がとても慌てた感じで対応してきた。さっそく大月が作業に入ると、マンションの住人らしき人たちが何人か通ってきた。多少の好奇心と怖いもの見たさだろう。いまにも振り出しそうだった空から、雨粒が落ちてきて作業も難航してきたとき、ふと見ると傘をさした中年夫婦が立っていた。しばらく立っているので、見世物じゃないです!…と話しかけようと考えていた頃、管理人がやってきて…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう