Amebaマンガ
 
 
ニコラオスの嘲笑(7)
ニコラオスの嘲笑(7)

ニコラオスの嘲笑(7)

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

状況証拠を積み上げて加治清を逮捕したものの、刑事・森村つぐみは殺人の動機がどうしても理解できないでいた。それもそのはず、事件には「山川由佳」という真犯人がいたのだ。現場を指揮する松下係長は取り調べの全面可視化を断って清を問い詰めるが、清は身に覚えがない犯行を認めるわけにはいかない。「もう嘘はつかない。本当のことを話そう」と決意する清だが…。週刊女性連載中。 収録内容:「松下係長の逆襲」、「選ばれし、警視庁捜査一課」、「冤罪の仮説〈前編〉」、「冤罪の仮説〈後編〉」、「加治 清と話がしたい!!」、「わかりあえない2人」、「一般市民の歓喜」、「松下係長の作戦変更」、「ぼくは やっていない!!」、「松下係長の敗北」

 

みんなの感想

タップして評価しよう