Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
朝まで何度も、何度でも
朝まで何度も、何度でも

朝まで何度も、何度でも

試し読み
 

遠恋の彼氏に突然フラれた日、勢いでバイトの先輩・時田さんとHしちゃった真琴。いつもみたいにクールにスルーするハズが、なぜか彼の腕の中は温かで、気持ちよくて…。でもその手も、その声も、私のものじゃない。 元彼を忘れるために利用してただけのつもりだったのに、どうして私…泣いてるの? 不器用で一生懸命な、カラダから始まるピュアラブストーリー!!

 

みんなの感想

4.5
レビュー数12
タップして評価しよう