Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 119
ミナミの帝王 119

ミナミの帝王 119

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

追川と米山は保険証を悪用し、追川のふりをした米山が金を借り、督促されたら追川本人が返済を拒むという方法でいくつもの弱小サラ金屋から金をせしめるという詐欺を成功させてきた。潮時と判断した二人は、最後に大物・銀次郎を罠にかけようと画策。首尾よく銀次郎から大金を借りた米山は、追川の指示で行方をくらますが…。

 

みんなの感想

タップして評価しよう