Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 108
ミナミの帝王 108

ミナミの帝王 108

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

自分の事を芸のできるギャンブラーだと豪語する、無類のバクチ好きな落語家・浪華亭ざんげ(なにわていざんげ)は、ギャラを全部使い果たして萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)に借金をする。そしてざんげは、弟子・穣二(じょうじ)からプロのポーカー師・岸村(きしむら)の話を聞いてギャンブラーの血が騒ぎ出す。しかしその後、暴力団から三千万円を借りた穣二が行方不明になって……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう