Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 94
ミナミの帝王 94

ミナミの帝王 94

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

新聞奨学生となったヨシオは、初仕事の時、表に積み残されていた新聞の山が気になっていた。そしてヨシオは、新聞販売店社長・相馬(そうま)へ取り立てに来た萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)が、あの積み残された新聞が新聞社の闇だと話しているのを聞く。後日、ミナミへ行ったヨシオは、萬田から「幻想新聞」のカラクリを教えてもらって……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう