Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 78
ミナミの帝王 78

ミナミの帝王 78

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

若き萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)は、自分を助けてくれた長老と呼ばれる老人に、父の遺書に残されていた、“ナニワの怪人”という異名を持つ阿久津(あくつ)に父が嵌められた事件の全貌を打ち明ける。当時、小さな建設会社から中堅規模の会社に成長させた萬田の父は、裏社会に流された自社の24万株を所有する阿久津に会いに行って……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう