Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 70
ミナミの帝王 70

ミナミの帝王 70

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

キャバクラ嬢にハマって金を貢いでいく善太(ぜんた)は、金を取り立てに来た萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)に、さまざまな闇金から借りて、もう一銭もないと告白する。そこで萬田は、善太の借金を自分の所に一本化させ、さらに五百万円を貸し、自分の理想とするキャバクラを作ってみろと命じる。そして、やる気を出した善太は、自分の店に他店のナンバーワンキャバクラ嬢を集めるが……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう