Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 59
ミナミの帝王 59

ミナミの帝王 59

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

印刷会社の経営に苦しむ斎藤(さいとう)は、人権派弁護士・島本(しまもと)に会いに行く。彼らは、母親から虐待されて養護施設に入れられた児童であり、施設の園長からの凄まじい虐待を命がけで戦い抜いた同志であった。涙ながらの再会を果たした二人だったが、島本は会社経営を相談する斎藤に対して、うまい倒産のさせ方を話し出して……!?

 

みんなの感想

もっと見る

タップして評価しよう