Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 56
ミナミの帝王 56

ミナミの帝王 56

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

老舗の丸大旅館の大改革を考える平吉(へいきち)は、萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)からその資金を借りようとする。そこで、萬田を旅館へと招待した平吉は、計画していた低価格路線を否定されて、萬田から別のやり方を提案される。それは、全仲居の給料を1.5倍にして、宿泊料金を以前の倍にした超高級旅館への改革だった。さっそくそれを実践した平吉だったが……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう