Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 34
ミナミの帝王 34

ミナミの帝王 34

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

あちこちで荒稼ぎしてきた企業舎弟・黒沢(くろさわ)は、ミナミへの進出を企んでいた。一方、萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)は柳原(やなぎはら)に1億円を踏み倒されて、競売にかかった柳原の自宅が第3者の手に渡る前に取り立てをかける。しかし、萬田が関係した柳原の自宅は競売屋が手を出さず、安く手に入ると考えた黒沢が落札して……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう