Amebaマンガ
 
 
ミナミの帝王 27
ミナミの帝王 27

ミナミの帝王 27

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

御堂筋銀行頭取・沼島(ぬまじま)によって金主たちを陥れられた萬田銀次郎(まんだ・ぎんじろう)は、御堂筋銀行を叩き潰すと宣言する。そして萬田は、かつて相場師であった藤島(ふじしま)と組み、御堂筋銀行キタ支店長・岡本(おかもと)を騙して手に入れた預金証書を使って、ノンバンクから百数十億円もの金を借りまくり……!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう