Amebaマンガ
Amebaマンガ
 
 
クピドの悪戯 6
クピドの悪戯 6

クピドの悪戯 6

試し読み
 

今まで親の工場で漠然と働き、怜子との結婚を考え始めた以外、将来について深く考えたことのなかった睦月。だが、父親に自分の代で工場をたたむと言われ、否応なく真剣に悩み始める。そんな中、怜子の会社を訪れた睦月は、いまだ自分と怜子との関係を知らない彼女の父親に業界のことを相談し、立派な二代目になってきたと誉められる。もちろんそれは社交辞令だったが、その言葉に奮起した睦月はある決意を…(第48話)。

 

みんなの感想

タップして評価しよう