Amebaマンガ
 
 
月夜がくれた贈り物
月夜がくれた贈り物

月夜がくれた贈り物

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

ハンナは、社長に“人並み以下”と侮辱され、辞表をたたきつけた。傷心のまま<ブルームーン・イン>を訪れ、宿の女主人の勧めで庭園に出てみると、廃墟となった石造りの教会の窓に、月がかかろうとしていた。その月2度目の満月——ブルームーンの夜だった。魔法のように美しい月の光の下、突然荒々しい官能的な魅力を漂わせた男性が現れた。あろうことか、ハンナの心を踏みにじった社長ロス・ジェリクだった!! 運命はなぜ、こんな残酷な罠を仕掛けるの!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう