Amebaマンガ
 
 
ただひとり、あなただけ
ただひとり、あなただけ

ただひとり、あなただけ

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

夜道を運転中、誤って盲導犬をはねてしまったディーリア。 懸命に謝るが、相手の男性は見えない漆黒の瞳で心まで見透かすように言った。 「君はいつも美貌を武器に許されてきたんだろう?」 確かにディーリアは美しく、それが悩みでもあった。うわべの美しさが通じない彼に、ディーリアは心を激しく揺さぶられ…!?

 

みんなの感想

5.0
レビュー数1
タップして評価しよう