Amebaマンガ
 
 
氷のヴァレリー
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

”恋愛なんて時間のムダ!” そう言い切る会社重役のヴァレリー。常にクールにふるまう彼女は、父危篤の知らせにも平静をよそおう。そんな彼女の心細さを見抜いたのは父の主治医コールビー。 彼は、強そうに見えてデリケートなヴァレリーの魅力を感じ始めていた。 そして、不安のあまり声を殺してなく彼女を抱きしめ、温かいキスで慰める。 コールビーの前では素直に涙を流せるヴァレリー。-お互いに強く求め合いながらも仕事に生きるヴァレリーと家庭的な女性を望むコールビーには、どこまでいってもなくならない透明な壁が・・・。2人の愛は、壁をうち破ることができるのだろうか!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう