Amebaマンガ
 
 
月影の水都
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

「ここなら死に場所にふさわしい・・・」 “復讐”のために訪れたベネチア。真冬の石畳の上で、ジュリアは力尽きようとしていた。そんな時、まるで月影に誘われるように、古びた宮殿に導かれたジュリア。 そこで介抱されたジュリアは、宮殿の所有者ビンチェンツォの優しいまなざしに、心が揺らぐ。 「だめよ!もう、誰も信用しないと決めたのだから・・・!」

 

みんなの感想

3.0
レビュー数1
タップして評価しよう