Amebaマンガ
 
 
涙にぬれた口づけ
涙にぬれた口づけ

涙にぬれた口づけ

試し読み
 
 
 
 

作品紹介

秘書学校を出たばかりのケイシーは、巨大企業を営む大富豪キャリスター家の面接に出向いた。当主ギルはゴージャスな男性で、しばしば雑誌の表紙を飾っているらしい。面接にはモデルのような美女たちが集まり、ケイシーは内気で時代遅れの自分に気おくれしていた。不機嫌そうなギルは、端正な顔に嘲るような冷笑を浮かべて、ケイシーに言い放った。──秘書には女性としての魅力は要らないから、君に決めた。住み込みで働いてもらおう──。なんていうことなの!?

 

みんなの感想

タップして評価しよう