Amebaマンガ
 
 
拒まれた純潔
試し読み
 
 
 
 

作品紹介

その時、サスキアは運命の相手と心に決めた彼に、初めての夜を捧げようとしていた。と、突然、彼が身をひいて冷たく言いはなつ。「僕はバージンとはベッドをともにしない」ーーそれから8年、雑誌記者となった彼女は昇進しようと必死だった。父のためにお金が必要なのだ。そこへとてつもない無理難題をつきつけられた! あの夜、彼女の純潔を踏みにじった彼ーーアレックスに取材しなければならないのだ! サスキアは意を決し、8年前の復讐を遂げようと心に誓った!

 

みんなの感想

タップして評価しよう